メンバー

MEMBER’S PROFILE


ムハンマド上田(主宰)
演奏楽器:サガット・ダラブッカ・ドホラ・ドフ他。MC担当
ueda1ueda001ueda200
日本初のエジプト太鼓のアンサンブルバンド「タブラクワイエサ」主宰。
幼少より和太鼓に親しむ。大学時代にドラムをはじめ、数々のロックバンドのドラマーとして活動する。90年代前半にエジプト太鼓「タブラ」と出会い、2000年「タブラクワイエサ」結成。日本におけるエジプトタブラの第一人者のひとりとしてタブラの普及につとめ東京・渋谷の「スタジオエルサラーム」を拠点に全国でライブやワークショップを行う。日本最大級のベリーダンスショー「東京イフティファール」なども手がける。

●blog:ムハンマド上田のタブラぶらぶら


アブダッラー
演奏楽器:ダラブッカ(ソリスト)・ドフ・ドホラ他
abu200_2abu200_1abu200_3
エジプトの太鼓に魅せられ、学生時代から現地をバックパックで放浪。放浪中にバハレイヤオアシスの司祭Hamada Fafmyの勧めを受けてムスリムに改宗。2008年より1年間エジプトのカイロで暮らし、現地の埃と音楽にまみれる。現在、年に1回のペースで現地に通い、現地の音楽家達とカイロ公演を重ねつつアラビア語、イスラム教の勉強中。タブラ集団「タブラクワイエサ」、本格タブラアンサンブルユニット「アルバァ・タッバリーン」、アラブ音楽ユニット「セントヒトヨ」など所属。東京、大阪、仙台を中心に日本各地でライブやタブラのWSを展開中。東北をアラブ音楽で北上するBaladi Progressionを主催。2014年より日本の伝統芸能である能と小鼓の勉強を始め、日本人としての演奏スタイルを模索中。スタジオエルサラーム タブラ講師

●blog:アブダッラーのブログ


空中紳士
演奏楽器:ダラブッカ(ソリスト)・ドフ・ドホラ他
shinshi200_1shinshi200_2shinshi200_3
トニー・ガトリフ監督の『ラッチョ・ドローム』を観てダラブッカを始める。エジプトにてタブラをムハンマド・ヨセフ、ハミス・ハンキッシュらに師事。元代表を務めたジプシーバンド▲sのYouTube再生回数が40万回を超え、2012年トルコ・マケドニア・ギリシャツアーを行い現地でも絶賛される。ソロとしても、力強く華のあるプレイヤーとして、ベリーダンスなどのアラビックやジプシーシーンはもちろんのこと、メジャーからアンダーグラウンドまで各方面幅広くサポート。上々颱風や浅草ジンタ、BACK DROP BOMなどメジャーアーティストのサポートも多数。

●blog:空中紳士の逃亡日誌


TAKSEEMA(タクシーマ/高島拓也)
演奏楽器:ダラブッカ(ソリスト)・ドフ・ドホラ他
takashima200_1takashima200_3takashima200_2
大学時代をロンドンで過ごし、幅広くワールドミュージックに触れる。ユーラシア大陸横断放浪の旅の途中、ダラブッカと出会い独学で始める。その後、日本、エジプト、トルコでタブラを学び、2010年よりタブラクワイエサのリード奏者を担当。エジプシャンスタイルをタンヌーラ国立舞踊団のメイン奏者 Hany Morgan、トルコ・モダン奏法をイスタンブールにてHAREMのメイン奏者 Suat Borazan, Bunyamin Olguncanに師事。
現在、都内を中心に日本全国様々なイベントでタブラを叩く。スタジオエルサラーム タブラ講師

●blog:TAKSEEMA(タクシーマ)のブログ


山宮英仁(ヤミーン)
演奏楽器:レク・ドホラ他
yamin200_1yamin200_3yamin200_2
山梨県出身1982年生まれ。東京音楽大学大学院作曲研究領域を修了。学部時代に民族音楽に見られるリズム表現、および諸民族の持つリズム観についての研究を初め、同時にダラブッカ、レクをはじめとしたハンドパー カッションの演奏活動も始める。ダラブッカを上田親寿、Khamis Hankish、レクを和田啓、Amir Aymanに師事。エジプト太鼓のアンサンブル『タブラクワイエサ』 や、ジャワガムラングループ『ランバンサリ』に所属。
趣味は酒を飲みながら夜の街を千鳥足で徘徊


UG
演奏楽器:ドフ
ug200_1ug200_5ug200_4


AL KAWA
演奏楽器:ドホラ・ドフ
kawa200_2kawa200_3kawa200_1


HIROKI
hiroki200_2hiroki200_1hiroki200_3